企業方針

CSR
Corporate Social Responsibility

当社は2013年9月より、月額利用料金のうち1,000円が、東日本大震災の復興支援及び被災児童のために寄付される「Fukushima Number Project スマイルレンタカー基金」に賛同し、福島県ナンバーのレンタカーを営業車として導入致しました。

導入の背景

未曽有の大災害となった東日本大震災から2年半が経過し、被災地以外では徐々にその記憶が薄れようとしていますが、未だ復興は完結しておらず、住み慣れた故郷に帰りたくても帰れない被災者の方々がまだまだいらっしゃいます。

株式会社アイ・ティ・エスが運営するスマイルレンタカーは、2011年6月に福島県いわき市に事業所を開設、各NPO及び支援団体にレンタカーを提供する支援を継続していましたが、被災地への関心が希薄化していくことを憂慮し、全国に福島県ナンバーの車を走らせるプロジェクト「Fukushima Number Project スマイルレンタカー基金」を設立しました。

取組内容

2013年9月より、京都・大阪でまず営業車2台を導入しました。車両入替のタイミングで徐々に増やす方針です。マンスリー(月単位)レンタカー契約のため、随時契約が可能な点でも参加しやすい基金と言えます。

基金対象車には福島ナンバーのナンバープレートを取り付け、「Fukushima Number Project」のステッカーを貼り付けます。日本国内であれば地域・場所の制限がないため、全国に53拠点(2013年9月現在)を展開する当社にふさわしい取り組みです。

今後も当社は復興支援のため、当社の業務を通じて貢献していきます。

概要

Fukushima Number Project スマイルレンタカー基金(別ウインドウでPDFが開きます)